2017年9月20日水曜日

中学2年生 硫黄島訪島事業(3島クルーズ)


9月8日(金)から3泊4日で
 硫黄島訪島事業(三島クルーズ)に参加してきました。
年は硫黄島に上陸することができませんでしたが、
北硫黄島、硫黄島、南硫黄島を船上から見ることができ、
貴重な体験をすることができました。
 
 1日目

 出発式では、2人とも明確な目標をもって
学習に行くのだということが伝わりました。
  2日目
 午前中は田中さんによる父島戦跡ツアーを
行いました。見ただけではわからないこと
などを詳しく教えていただきました。
 午後は小笠原高校にて、主権者教育と英語
授業を受けさせていただきました。
 夕方には小笠原中学校と合同の出発式
を行い、いよいよ硫黄島に向けて出発です。
 夜には硫黄島協会員の江澤さんによる
講演会がありました。
 





































  3日目
 午前6時には南硫黄島近海に到着。その後、
硫黄島近海にて慰霊祭を行い、
洋上献花も行いました。
2人とも誓いの言葉を発表し、硫黄島の
厳しい環境を近くから見てきました。
午後には北硫黄島の周りを2周して
父島へと帰ってきました。


































































 4日目

 ホテルシップでの滞在を終え、
無事母島での到着式が行われました。

2017年9月12日火曜日

防災炊き出し学習

9月8日(金)の3、4時間目に小学5、6年生と中学生が防災炊き出し学習を行いました。
災害時を想定して、小中学生が地域の一員として、
役割を持って行動する力を育てるために、昨年度から実施しています。

今年のメニューはサバ缶トマトカレーライス、わかめとコーンとツナの和え物です。
和え物を盛り付ける食器は新聞紙とラップを使って作りました。
中学3年生がリーダーとして指示を出し、みんなで協力して取り組みました。

また、村役場の防災担当者と消防団の方を講師に招き、
災害時の小中学生の役割などのお話をしていただきました。
















中学校1年生 総合

本日、1年生の道徳では、硫黄島協会の江澤 親夫さんを講師として招き、
講話をしていただきました。
戦時中の硫黄島の状況や、遺骨収集の現状などについてお話頂きました。
生徒たちはメモを取ったり、画面に見入ったりしながら、真剣に取り組んでいました。
戦争の悲惨さや、平和への思いを話し合いました。





2017年9月4日月曜日

2学期始業式

平成29年度第2学期がスタートしました。
始業式では、夏休みを終えて一層元気な子供達の姿を見ることができました。




また、その後には続けて、避難訓練を実施しました。
緊急時に自分の身を守る方法について、改めて確認することができました。

2017年7月18日火曜日

父母学習交流会(中学3年生)

今年、中3年は社会、技術、理科の学習を
小笠原中の生徒と一緒に受けました。

















男子がいる中での班活動やペアワーク。
同じ世代が多くいる中で活動する楽しさを感じたようです。



父母学習交流会(中学2年生)

2人にとっては2度目の父母学習交流会。
美術の授業では、普段できない
グループワークをすることができました。


















部活動では小笠原中学校の生徒とペアを組んで練習をし、
合同で試合もしました。

普段は大人数の同世代と関わる機会がそう多くありません。
とても貴重な経験を積むことができ、
達成感、充実感を味わうことができました。































また、小笠原高校見学では丁寧な説明や案内をしていただきました。
今後のキャリヤ教育に活かしていきたいと思います。



























父母学習交流会(中学1年生)
















中学1年生の一時間目は国語「ビブリオバトル」でした。
小笠原中、母中それぞれの生徒が、互いにおすすめの
本の魅力を伝え合いました。

















3時間目は音楽で吹奏楽でした。母島中の生徒にとって、
同い年の仲間と複数人で音を合わせる経験は多く
ありません。とても貴重な時間でした。

















昼休みに小笠原中の皆さんがレクリエーションを企画してくれました。
5月末に移動教室で母島を訪れた小笠原中学校の皆さん。

今度は母島中学校のために、クイズ大会を用意してくれました。
1学年全体で楽しむことができました!
















父島の前浜で中学1年生徒教員集合!
天気にも恵まれ、素敵な笑顔です!!

父母学習交流会(小学校6年生)

小笠原小の6年生との交流の様子です。
2回目の交流だけあって、なごやかな雰囲気の中で
授業が始まりました。


3時間目の体育はソフトバレーボール。
母島では同じ学年だけで試合をすることはありません。
作戦タイムにしっかりと話し合って
次の試合に臨みます。
















5時間目の道徳ではグループワークに
取り組みました。
すっかり溶け込んで、昔からの
仲間のようでした。















小学校最後の交流会。
今年の思い出の1枚です。

















最終日は戦跡見学です。

父島の戦跡を板長さんに案内してもらいました。
内地では博物館の中にしかないような
大砲などの戦争の遺物がそのまま残っていることに
驚きました。









なぜ発電所跡がたくさんあるのか
どの石がかまどの跡なのか、
小さなくぼみでどうやって兵隊さんが寝たのか…
詳しいお話を聞きながら
実際に見ることができ、二度とない貴重な経験と
なりました。


















小学校最後の交流会。
すべての場面で、小学校チームのリーダーとして
6年生2人はしっかりとみんなをまとめてくれました。
「さすが6年生!」
後輩たちからも、先生たちからも、
何度も感心されたこの旅を心の糧に、
さらに大きく成長してくれることでしょう。


父母学習交流会(小学校5年生)

5年生は昨年度に続いて2度目の交流です。

黒板いっぱいの歓迎の言葉。
サイコロトークでの自己紹介からスタート。
















図工では自画像にチャレンジ。
絵と顔を見比べて「似てるね~!」
















体育ではお互いの名前を呼びあって
ハイタッチをしたり、ボールをパスしたり。
心の距離がぐんと近づいて
そのあとのソフトバレーボールは
とても盛り上がりました。




来年の交流が楽しみです。

3日目はI-BO(小笠原自然文化研究所)のネコ待合所を
見学させていただきます。

二見港でクジラジャンプに挑戦してみました。
朝の散歩を楽しみながらネコ待合所をめざします。

















ネコの保護が始まった歴史には
私たちの母島が深く関わっていることがわかりました。
















保護されたネコへの餌やりを体験させていただきました。
まだ人間を警戒しているネコたちが
威嚇の声をあげますが、
生き物大好きな5年生たちは
「大丈夫だよ、ごはんあげるからね」
「こわくないよ、ちょっとだけ開けるからね」
とやさしく話しかけながら餌をあげました。
































この学習は2学期の総合につながっていきます。
学びの多い校外学習となりました。



父母学習交流会(小学校4年生)

小笠原小との交流の様子です。

1時間目は学活です。
ジェスチャーゲームなど協力して取り組むうちに
あっという間に仲良くなりました。
















2時間目の算数では、みんなの前で
自分の考えを説明することができました。

















5時間目は音楽です。
それぞれ事前に練習した曲で合同演奏会。
たくさんの楽器と合わせたり、他のグループの
演奏を聴いたり、交流会ならではの経験を
することができました。

















3日目の社会科見学では
浄水場とクリーンセンターを見学させていただきました。


浄水場ではきれいな水を島民に提供するための苦労
や工夫について学ぶことができました。

















クリーンセンターでは、母島で出したごみのゆくえに
ついて知ることができました。



父母学習交流会(小学校2日目)

今日はいよいよ小笠原小学校との
交流会です。

開会式では緊張しながらも
全員が一言ずつあいさつをしました。
















クラブ活動ではそれぞれ希望のクラブに
参加しました。
プラバンを作ったり、空気砲の実験をしたり…
他の学年の子とも交流することができました。


小笠原小の6年生が中心となって、
放課後遊びを企画してくれました。
疲れてぐったりかと思ったら
めったにできない大勢でのドッジボールに
みんなの目がキラリ!
最後まで一緒に楽しく過ごすことができました。






















小笠原小学校のみなさん、ありがとうございました!




夕食はみんな大好きカレーです。
食事係はメニューを書かせてもらって
大喜びでした。






































夜は小笠原観測局の官谷さんを講師にお迎えして
星の観察会。
開始10分前まで星が1つも見えない曇り空でしたが
観察会の時間だけ雲がはれて、
最高の観察会になりました。
直径30cm以上もある望遠鏡で
木星の縞や土星の輪まではっきり見えて
子供も大人も大興奮でした。

父母学習交流会(小学校1日目)

二見港で、小笠原小学校のみなさんが
「ようこそ、母小のみなさん」と書いた
横断幕で迎えてくれました。
うれしいサプライズに笑顔があふれます。






おいしい晩ごはん。






















6年生企画のレクは、とても盛り上がりました。























4・5・6年生14人で過ごす最初の夜。
明日への期待がふくらみます。


父母学習交流会

平成29年度父母学習交流会。
7/11~7/13 2泊3日
の行程で実施されました。

例年より2時間遅い母島丸の出港です。
沖港で出発式を行い、保護者や島民の皆さんとお別れ。
約2時間の航路で父島に向かいました。

出発式①「いよいよ出発です」

出発式②児童生徒代表の言葉

出発式③「楽しんできてね!」カメさんより










出発式④「いってきまーす」


















































大きな船の揺れはありませんでしたが、
二見港に着いてから、船酔いした子供がちらほら。



「ようそこ父島へ」小笠原小学校のみなさん

















さて、父島に到着から最終日の二見港出港までは
小中学校は別々の行程となります。


その様子は小中学校それぞれの記事で
紹介していきます。

そして最終日。
小笠原小中学校の見送りの中、
父島のみなさんとの別れの時を迎えます。

帰りの航路は少し揺れましたが、
行きと比べ、倍以上の乗客を乗せたははじま丸。

久しぶりの母島。
多くの島民の方々、保護者の皆さまが迎える中、
到着式が行われました。

到着式①











到着式②


















次の金曜日は登校日でしたが、
その1日を終えると3連休です。

連休中にゆっくり体を休め、
また元気な姿でみんなに会いたいと思います。

小笠原小中学校の皆さま、
送迎いただいた母島の島民、
ご協力いただいた保護者の皆さま、
今回の学習交流会でご尽力いただいた関係者各位、
本当にありがとうございました。