2016年10月18日火曜日

校長室日記 15  日曜学校公開・道徳授業地区公開講座

 10月16日に行いました日曜学校公開・道徳授業地区公開講座に、多数の保護者・地域の皆様に参加をいただきましてありがとうございました。
 道徳授業地区公開講座は、家庭・学校・地域が連携して、子供たちに豊かな心を育み、道徳教育の充実のために、平成10年度より東京都で行なっているものです。
  1校時から3校時まで『相互理解・寛容』を主題とした、小中各学年の道徳授業を公開しました。4校時は、小笠原村教育委員会指導主事の小平秀朗先生を講師にお招きし、「関わろう・知ろう・受け入れよう」と題しての講演会を行いました。
 今後も、子供たちに、謙虚な広い心で、自分とは異なる意見や立場を大切にしようとする心根を育ててまいります。 
 
 






 

2016年10月6日木曜日

校長室日記 14  第2回 ユネスコスクール集会

 本年度、2回目の小学校ユネスコスクール集会が開かれました。
 ユネスコスクールについて、2択のクイズ形式で学んでいく楽しい集会となりました。


Q 母島小学校がユネスコスクールになったのはいつですか?

Q 小笠原は、「世界自然遺産」としてユネスコに選ばれました。どうして選ばれたのでしょう?

Q オガサワラオオコウモリが好きな食べ物は何でしょう?

Q 世界には絶滅しそうな動物が何種類くらいいるでしょう?

などのクイズが出され盛り上がりました。

担当の保健体育委員会の子供たちからの、

「ユネスコスクール」は世界の学校が、それぞれの情報や体験をわかちあって、地球全体の問題について考える学校です。これからも、ユネスコスクールとして、世界のことや生き物の問題について少しずつみんなで考えていきましょう。

というメッセージが、参加したみんなにきっと届いたことでしょう。