2015年10月20日火曜日

校長室日記 15 朝礼より  ~会釈のまなざし~

 学校では、日頃よりあいさつ指導に力をいれていますが、今日の朝礼では、江戸しぐさから、
『会釈のまなざし』をとりあげ児童生徒に話をしました。

 江戸時代、江戸の町では人とすれちがう時に、目と目を合わせて、かるくうなずく程度に会釈をしてあいさつを交わし、相手を認め、敬う気持ちを伝え合ったというのが『会釈のまなざし』です。


子供たちには、

「廊下などで、先生方や来校した方々とすれちがう時、さりげなく、さっと会釈であいさつができたら、お互いあたたかな、おだやかな気持ちになります。みなさんも、『会釈のまなざし』ができるようになるといいですね。」
と、話しました。

 時と場に応じて、しっかりと礼をつくすことができる子供たちを育てていきたいと思っています。
 

校長室日記 14  日曜学校公開によせて

 
 保護者、地域の皆様には、日曜学校公開、道徳授業地区公開講座、そして、講演会に多数ご来校をいただきありがとうございました。
 道徳授業を含め、小中各学年の授業、クラブ活動、中学校総合的な学習の時間の発表、吹奏楽の演奏会等をご参観いただきました。
 学校では、子供たちが、自分自身、また、自分の身のまわりにあるすべてのものを大切にする心を育て、その心を具体的な生活に生かすことができるよう日々心の教育をすすめております。
 これからも、学校・家庭・地域が共に協力協働しながら、1人1人の子供たちの心を育てていきたいと思います。授業参観後のご意見等を参考にしながら、学校教育目標である確かな学力を身につけ豊かな心を育てるための授業改善に一層取り組んでまいります。










2015年10月6日火曜日

校長室日記 13 朝礼より ~学芸会に向けて~

 10月5日の朝礼では、1か月後の学芸会に向けての話をしました。

 子供たちには、『学芸会は仲間とともに創りあげる』行事であるということを話しました。

 1つのことを、仲間と一緒に創りあげていくことは、大変難しいことです。

 でも、仲間との協力やふれあい、交流を通して、今まで気づかなかった友達のよさを知ったり、自分の新しい可能性を発見したりする、かけがえのない貴重な体験となるはずです。

 仲間と一緒に、気持ちを1つにして、これから始まる練習にしっかり取り組んでいけるよう支援してまいります。

2015年10月5日月曜日

小学校 歌のプレゼント

お昼休みに小学生全員で学校の向かいにある明老会に行きました。
敬老の日は過ぎましたが、いつも自分たちを温かく見守ってくださっている
おじいさん・おばあさんたちに楽しんでもらおうと、歌のプレゼントを準備しました。
曲は、「小さな世界」「カントリーロード」の2曲です。
子供たちみんなで心を込めて歌いました。おじいさん・おばあさんたちからも拍手を
もらいました。
いつまでも、お元気でいてください。