2015年6月30日火曜日

小学校4・5年 総合 カメの学習報告会&子ガメの放流会

今日はこれまで総合の時間に学習してきた
カメを育てた体験を、島の皆さんに発表しました。














場所は海辺にあるクラブハウスノア2階。
時間は夜7時30分。
夜にもかかわらず、たくさんの方が集まって、
子供たちの報告を聞いてくださいました。














みんなも子ガメたちを手に取って喜んでいます。


この後、脇浜に子ガメたちを放流しました。
子ガメたちにはGPSのような機能が搭載されていて、
生まれた浜を記憶しているそうです。














30年後、この母島に戻ってくることを願って、
月明かりの中、海に向かって進む子ガメたちを
見送りました。

2015年6月29日月曜日

小学校4・5年生 総合 カメの学習

子ガメの誕生

ついに・・・子ガメが孵化しました。
浜辺で卵を掘り出してからこの日までずっと、
子供たちは毎日毎日温度や湿度の管理をしてきました。















大切に育ててきた卵から無事に生まれた子ガメたちを見て
子供たちは大喜びです。





























生まれたばかりの子ガメを手に取り、
クラブノアの川端さんから子ガメについて学んでいます。

































全部でこんなにたくさんの子ガメが生まれました。















今夜はみんなで子ガメたちを海に放流する
「子ガメの放流会」です。

無事に成長し、親ガメとなることのできる子ガメは5000匹に1匹。
厳しい自然の中で生き抜くことは大変困難なのです。

頑張れ子ガメたち。大きくなって再び母島の海に帰っておいでね。

2015年6月22日月曜日

小学校4・5年生 二子島校外学習

6月19日 晴れ 母島小学校4・5年生が
母島の属島である無人島の探検に出発しました。














漁船に乗り込み、目的地の二子島を目指します。
 














途中ではいるかの群れに遭遇しました。















全員元気に二子島上陸。















島は今、カツオドリが子育ての真っ最中。
みんなで静かに観察しました。














海は透き通るように青い。
裏の崖を降りて、磯遊びをしました。














珍しい海の生き物も観察しました。














これはクモヒトデ。












昼食はみんなで作ったカレー。
カニと貝で出汁を取った二子島カレーは絶品でした。












さらに、島の横にある白田ビーチは自然の波のプール。
大きな波を全身に浴びて大騒ぎ。












帰りは、アナダイの根でシュノーケリング。












船から飛び込んで遊びました。

母島小学校でしか学べない、二子島体験学習は、
疲れたけれど、最高に楽しかったね!!

2015年6月19日金曜日

中学校2年 硫黄島訪島事業

  中学校2年生は今年も硫黄島訪島事業に参加させていただきました。戦後70年ということもあり慰霊祭への参加者も例年より多かったそうです。
 事前学習を含め、多くの方にお世話になりました。訪島事業をとおし、感じたこと、学んだことをこれからの学習に活かしていきたいと思います。





返還祭クッキーの試作

6/12(金) 返還祭クッキーの試作

本日は、返還祭で販売するクッキーの試作をしました。

今回は、試作ということでレシピに書いてある半分の分量でつくりました。




バター、砂糖、ココア、生クリーム、卵黄を入れたボールに小麦粉をふるいます。

二人とも「乳房山に雪が降った」と感動していました。





            前回、作ったオリジナルのクッキーの型で型抜きをします。
         
           
 でも、生地がやわらかくなかなか上手に型が抜けません。
 
最後は、型が上手に抜けなかった時のために考えておいた、ベアフット(熊の足)型にしました。



オーブンの前を陣取って焼き上がるのを待っています。
できあがったクッキーはココアが効いていてとてもおいしかったです。

当日は、そのクッキーを溶かしたチョコレートと一緒に販売します。

当初の計画とは、少しクッキーの形が変わってしまったけれど、
ベアフットクッキーもコロコロしていてとてもかわいいです。
みなさん、クッキーをチョコレートにディップしてお召し上がりください!




 ちなみに、このクッキーは21日(日)に販売いたします。
1セット(クッキーとチョコレート)100円です。そして、限定100食です。

お早めにお買い求めください!




2015年6月15日月曜日

小学校1.2年生 南崎校外学習

6月12日(金) 今日は楽しみにしていた校外学習です。
いい天気になりました。















「南崎探検隊」と「シュロッパ隊」の2つのグループに分かれて出発!!

 
2年生が1年生を励ましながら、ジャングルのような山道を進みます。

途中のすり鉢では、シュロッパに乗って急斜面を滑降します。
これぞ母島ならではの自然のアトラクションです。


 

続いて、小富士登山。山頂からの眺めは最高です。





























お弁当の後は、南崎海岸で海水浴。

岩からジャンプ!!





























みんなよく歩き、よく遊び、仲良く協力して楽しい校外学習になりました。

2015年6月12日金曜日

返還祭に向けて


6/5(金) 返還祭の準備始まる



この度、料理部は、6/20,21に行われる、返還祭に出店することとなりました。


そのため、先週の料理部では、どんなものをつくって販売するか話し合いを行いました。



話し合いの結果、今年は「クッキーのソースがけ」を販売することになりました。

でも、ただのクッキーではありません。
母島にちなんだ、動物や植物などのクッキーにしようと思います。

「そんな型売ってないんじゃない?」と思った人もいるでしょう。
そう、売ってないんです。売ってないなら、つくるんです!

と、いうことで本日の料理部では、クッキーの型をつくりました。





 まずは、空き缶を用意します。





そして、キッチンばさみで上の部分と下の部分を切り離します。



 あとは、真ん中の部分を2cm位に切って、
ペンチで好きな形に曲げます。 

図書館で母島の生き物の本を借りてきて、それを見ながら、曲げていきました。



母島にしかいない、メグロのクッキー型完成です。

オリジナルの型ができるって素敵ですね。

あとは型抜きがちゃんとできるか。。。

2015年6月11日木曜日

小4・小5 総合 アオウミガメの飼育

母島小学校の総合的な学習の時間は、小笠原の自然をテーマに
体験的な学習を進めています。
 
今日は4・5年生7人が脇浜に行き、アオウミガメの卵を掘り出します。

アオウミガメは砂浜70㎝の深さに、
ピンポン球より少し大きめの卵を
100個ほど産みます。

クラブノアの川端さんに教えていただきながら、
慎重に卵を掘り出します。




柔らかい卵なので、傷つけないように、また回転させたり、逆さにしたり、位置を
変えてはいけません。

45分かけて、全部の卵を無事掘り出しました。

卵を学校に持ち帰り、飼育ケースに並べて砂をかぶせます。




これから無事に子ガメをふ化させるため、
温度管理、湿度管理を毎日するなど、
卵を大切に飼育します。








70日でかわいい子ガメが産まれる予定です。
今から楽しみです。                




← こちらは、昨年産まれた子ガメたち
  みんなで、海にかえしました。


2015年6月3日水曜日

校長室日記 10  村内清掃活動より

 美化活動を通して自分たちの生活の場を整え、母島をきれいに保とうとする意識を育てるために村内清掃活動を年2回実施しています。
 全校児童生徒が村内を分担してゴミや空き缶などを拾いました。暑い中、皆一生懸命に取り組んでいました。



2015年6月1日月曜日

校長室日記 9  こころづかいは見える

 6月は、東京都教育委員会の「心の教育革命」教育推進の一環として行われる「ふれあい月間」です。(年3回実施)
 これは、「自分を大切にする」「相手を大切にする」ことを基本として、みんなで力を合わせて、学校生活を楽しく送ることを目的とした取り組みです。本校でも、問題行動の未然防止やその対応にかかる取り組みの充実を図ってまいります。

 子供たちには、本日の朝礼で、次のように話しました。

相手に自分の気持ちをわかりやすく伝えているか。
相手の言っていることを1つ1つ受け止めようとして聞いているか。
この2つをがんばる1ヶ月にしてください。」

話の最後に、詩人の宮澤章二さんの詩の一節を紹介しました。

確かにこころは
だれにも見えない
けれど、
こころづかいは見えるのだ

思いや言葉を行動で表現できるように、また、自分や周りの人を大切にできるように指導を続けてまいります。